デリバリータイプの売り専で働いているボーイはバリエーションも多数

売り専の応募の流れとは?

マッチョ

売り専として働く際にまずやるべきこととはいったい何でしょうか。それは自分に合ったお店を選ぶということです。そして、自分が働いてみたいお店が決まったら次に行うことは応募するということです。では、応募の流れはどのようなものなのでしょうか。今日は売り専として働く際の応募の流れについていくつか記したいと思います。
まず、売り専として応募する際には自分のプロフィールなどをお店のホームページに記されている連絡先に送ります。さて、その際に重要なのは身長、体重、バイなのかどうかというような点です。もちろん、顔写真も必要となりますが、写真はスマホなどで撮ったやつで構いません。そして、お店はプロフィールを元にその人と面接するかどうかを決めます。
さて、面接することになったならお店から面接の日時と場所を伝えられます。では、面接ではどのような部分をチェックされるのでしょうか。大切なのは態度、マナーです。売り専の仕事は接客業ですので、いくらかっこいい、スタイルの良いボーイでも態度やマナーが常識から外れているとお客様に不快な思いをさせてしまいます。それで、お店としてもそうした点を非常に重視します。また、面接で確認するべきことはプレイ内容です。自分ができるプレイ内容をきちんと伝えましょう。

売り専で稼ぐという選択肢

お金に困る人たちというのは、男女問わずいるものです。そのせいか、ときどき「女性はいざとなったら風俗で稼げてうらやましい」という男性もいますよね。しかし実は風俗で稼げるのは女性だけではありません。男性だって風俗で稼げます。そうはいっても風俗を利用する女性客は少ないのではないかと思うかも知れません。
確かにそれはその通りなのですが、男性にも売り専という、男が男に体を売ることで成り立つお仕事があるので、その気になれば十分に稼げます。でも自分はゲイでもバイでもないし、と思うかも知れませんが、プライベートではノンケの男性でもお仕事として売り専をしている人たちはたくさんいます。
性的対象に見てない相手に体を売るのは違和感があると思うかも知れませんが、風俗で働いている女性やゲイの男性たちだって、お客さんのことを「性的魅力を感じる対象」として相手をしているケースはあまりありません。あくまでも「お客さん」として見て、プロとしての接客をしているから、相手に合わせたサービスを提供して、喜んでもらうことが出来るという側面もあります。
またノンケの売り専は実はかなり需要が高い職業です。これは風俗以外だとノンケの男性とプレイすることは、ほとんど不可能だからです。なので並みの風俗嬢よりもずっと多く稼いでいる、ノンケの売り専ボーイはたくさんいます。なので選択肢の1つとして考えてはいかがでしょうか。

売り専を利用する場所について

バラエティ豊かな個室を用意している売り専は多いです。小さなラブホテルの部屋だと思ってもらえるとイメージしやすいと思うんですが、売り専によってシックでクールな雰囲気にしていたり、癒しを強めていたりと個性豊かで、ベッドの大きさに力を入れていたりアメニティグッズ、ボーイと楽しむための道具に力を入れている売り専もあるので、売り専を利用するなら個室利用も考慮してもらいたい所です。
ただ、個性豊かで人気もある個室には限りもあるため、利用者が多い場合は各個室でボーイと利用者が長時間あれこれしてしまうため、満室となっていることもあるのが難点というか注意点です。満室問題に対応すべく、売り専は個室や受付所の近隣にあるラブホテルなどをできるだけ安価で利用できるように手配してくれたり、ホテルパックなどと称してホテル利用を手軽に安く利用できるプランを用意してくれています。
男同士の利用になるので、一部のホテルは利用を拒否されるということもあるんですが売り専はそこの部分もしっかりチェックしておいてくれているので、利用場所をホテルと決めた場合、ホテル選びには売り専にまず相談したり、相談しながらホテルを決めるという方法がお勧めです。自宅出張も売り専は必ずといっていいほど対応してくれていますから、場所代などのお金もかかりませんし、自室でゆっくりボーイといちゃいちゃするのも手です。

HEADLINE

飲むことも含まれるコースがある売り専

やることをやるだけという売り専のボーイとの関係では物足りないとか、寂しさを感じる場合は違う接点を設けることができるコースがある売り専を選んでみてください。違う接点というのはいろいろな角度からのものがあるんですが、今回はお酒好きで好きな男性と一緒にお酒を楽しむことが好きならばまず選ぶべきだという、指名し…

LINKS

POST LIST